180310小佐波御前山「概要」

2018年3月10日 小佐波御前山

週末山行仲間が先週は不完全燃焼だったので、と言う事で向かってみたのが小佐波御前山でした。
この時期積雪の多い年は未だ残雪が多かったり、少ない年は登山道の残雪が無い年も有りますが、今年は並み程度の積雪なので、登山道の積雪はどの様になっているか、様子見をして来ました。

車は猿倉山頂上下の駐車場まで入りませんでしたが、下山して見ると軽四の四駆車が入って来ていたので、車道に残雪は有るものの、上の駐車場まで入る事が出来る様です。
画像

登山道の積雪は、猿倉山巻道の危険個所は残雪が無く、売痛に通過する事が出来ました。

猿倉山の先の尾根登山道は御前山直前まで、カンジキが必要なほどの積雪は有りません。
画像

御前山から小佐波御前山までは、カンジキが有った方が楽に登れそうです。
でも、この日は体重の軽い人ならカンジキ無しで登っていました。
画像

天気予報では晴れの予報だったのですが、一日中曇りのままで青空がほんの少し見えた程度の天気でした。
ただ、夜間の冷え込みの雨と少しの降雪で、雨氷と樹氷が混じった風景が見られ、これが青空の下だったら最高の景色だったろうと残念に思いました。
画像

頂上台地の積雪は2m程度でしょうか、小木は積雪で抑えられ、夏は藪で歩けない所も疎林になって何処でも自由に歩く事が出来る状態です。
画像

画像

色変わりマンサクが見られるかも知れないと思って行ってみたのですが、花に氷で覆われ確認が出来ませでした。
普通のマンサク
画像

色変わり?
画像


本編につづく

GPS軌跡
画像

この記事へのコメント