171018千石城山伊折ルート 2

「概要」から見る
2017年10月18日 千石城山伊折ルート

1031、ツリフネソウ 480m
長く見られる花ですがそろそろ終わりです。
1031si119

1034、フジ豆
今年は豊作でしょうか沢山ぶら下がっています、フライパンで煎って食べたら食べられますが、弱毒ですから沢山食べると駄目です。
1034si120

1037、蔓に覆われたホオの木
本来は素直に高く伸びる木ですが、蔓に覆われていびつにしか伸びる事が出来なかった様です。
1037si121

1038、鉄塔出合い 490m
3回目の鉄塔出合いです。
1038si122
剱岳展望
薄くですが剱岳が撮れていました。
1039si124
1039si123

1047、保守路
こんな感じの整備された道が続きます。
1047si125
クルマバハグマ
1048si126

1051、?カエデ
何カエデでしょうか、大きな葉が特徴かも知れません。
1051si127

1055、ムラサキシキブ実
1052si128
1055si129

1069、ツルリンドウ実
1059si130

1102、鉄塔出合い 560m
4回目の鉄塔出合いです。
1102si131
剱岳展望
1102si132
クサギ実
1103si133
1103si134

1109、下界展望
下界の展望が開いた場所が有り、登り始め発電所対岸辺りが見えています。
1109si135

1113、早月川展望 480m
早月川上流方向を見ていますが、剱岳はすこしづつ見え難くなって来ました。
1113si136
1114si137

1126、ネナシカヅラ
名前は根無しだが、発芽時期には根が有り、その後に他の植物に寄生し根が無くなる。
1126si139
1119si138
クマノミズキ
最近はっきり見分けが付く様になった木で、葉が対生し普通のミズキの花が終った頃に咲き始めるのが特徴です。
1127si140
1127si141

1132、調整池 610m
本道から千石城山に登る時、右下を見ていると見えるおなじみの場所で、ここまで来たら頂上はさほど遠くありません。
1132si142

つづく

この記事へのコメント