171014大品山-瀬戸蔵山「概要」

2017年10月14日 大品山-瀬戸蔵山

9日の黄金のブナ林に続き、今週末も黄金のブナ林に行こうと言う事で、粟巣野から大品山に登り、瀬戸蔵山経由で粟巣野に降りる周回コースに行って来ました。

天気予報は曇りながら午後は回復気味との事、下から見上げると1000m辺りから上は雲に覆われていますが、頂上に近づくにつれ視界が開いて来るだろうとの期待をして登り始めました。

車は粟巣野スキー場駐車場に止め、送水管横へ移動して保守路に入りました。
画像

この保守路、1000mに有る調整池までしっかり整備され、登り易い道が続きます。
画像

調整池で一旦休憩し、登山道と言うには少し整備の悪い境界切り開け道に入り、切り開き道に入ると急な細尾根直登になり、滑り落ちそうになりながら登ります。
画像

150mほど登ると傾斜が少し緩み、辺りはブナ林になり黄葉が見られる様になりました。
画像

ブナ林の良さそうな所でもう一度休憩、その後もブナの黄葉を見ながら大島山頂上台地に登りました。
画像

画像

頂上台地手前で青空が見え、頂上では鍬崎山も展望が出来たので、このまま天気は回復かと思ったのでした。
画像

しかし、昼食休憩場所の三角点頂上に移動すると、辺りはガスに覆われており、その後は昼食後に下山した瀬戸蔵山でもガスが切れる事無く、標高1000m辺りまでガスの中でした。

本編につづく

GPS軌跡
画像



この記事へのコメント