自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 170920小座波御前山、芦生-猿倉「概要」

<<   作成日時 : 2017/09/24 06:24   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年9月20日  小座波御前山、芦生-猿倉

水曜日山歩きのメンバーに、芦生から小佐波御前山に登った事が無いと言う人がいたので、それなら一度行ってみようと言う事で、芦生―小佐波御前山―猿倉の周回をしてみました。

登山口は猿倉山でも良かったのですが、御前山ルートは尾根歩きなので、この時期自然の変化が少なく、芦生ルートは沢沿いに行く所が多いので、この時期でも花を始めその他の自然観察が出来るので、頂上までゆっくり登りながら自然観察登山が出来るだろうと言う事で、芦生からの登りです。

自然観察も良いのですが、登山口の芦生は歴史有る場所の様で、登山口にはいきなり上行寺跡と云う史跡が有り、何だか古い石碑や御堂を見て登り始めます、
画像

画像

歴史有る舟倉用水を横切って登って行く登山道は、これも歴史有りそうな道で、最初は急斜面をジグザグに登りますが、標高350m辺りから緩い傾斜の平になり、山平(さんでら)集落跡に出合います。
画像

画像

画像

山平集落跡から上も緩いし傾斜の斜面が続き、農作業道跡の様な道を登り、標高550m辺りまで続きます。
画像

550mから先は沢から離れて本格的な登山道になり、750mの頂上台地までつづきます。
画像

記念碑の頂上
画像

避難小屋
画像

展望台から
画像

展望台は風が強かったので避難小屋で昼食休憩、夕方から荒れた天気になるとの予報でしたが、少し早目に天気が悪くなりそうだったので、早めの下山開始にしました。

獅子ヶ鼻岩と御前山に立ち寄り、猿倉山駐車場に近づいた頃、雷の音が聞こえ始め、車に乗ったらフロントガラスに雨粒が当っていました。

沢沿いの自然観察
ジャコウソウ
画像

クサボタン
画像

カモシカ親子
画像


下山道の自然観察
ミヤマガマズミ
画像

サルナシ
画像

センボンヤリ
画像


本編につづく

GPS軌跡
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
170920小座波御前山、芦生-猿倉「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる