170709立山弥陀ヶ原、外来植物除去

2017年7月9日 立山弥陀ヶ原、外来植物除去

7月2日に外来植物除去リーダー研修が予定されていたのですが、大雨のために中止となってしまい、今回の外来種除去作業は研修無しで実施する事になるので、どうかと思ったのですが、はっきり判るものだけ除去したら良いのではないかと言う事になり実施されました。

そんな心配など全く無し、以前に研修を受けた事が有るメンバーから、除去の基本を教えてもらい、早速の除去作業入りでした。

はっきり判る外来種と言えば、フキ・イタドリ・スギナ・シロツメクサ・オオバコ・タンポポなど、メンバーは教えなくても判る人ばかりで、効率良く外来種を選らんで除去して行きますが、嫌になるほど沢山有って、広い範囲は簡単に処理出来ませんが、除去量はどんどん増えて行きました。

弥陀ヶ原バス停から弥陀ヶ原ホテルの間、六甲学園小屋駐車場からバス停車道脇、バス停から上の車道脇などの外来種を除去しました。
画像

取った株数をカウントし報告しましたが、前日行われた除去作業の倍近くの量を除去出来たとか、流石除去作業リーダーになるべき面々だけあって、大したものでした。

作業はボランティアなので辛くなるまでやってはダメと、午前中で終了して午後は自由解散でした。

昼食後は自然観察して来ました。
雪解けが遅く雪解け直後だったので、花の種類や生き物の種類は少なかったのですが、雪解け直後に短い期間だけ見られ、それも今しか見られないシラネアオイの群生を見に行って来ました。

丁度良い時期だった様で、綺麗に咲きそろったシラネアオイを見る事が出来ました。
画像


その他
チングルマ
画像

画像

ベニバナイチゴ
画像

ワタスゲ
画像

ツガザクラ
画像

この記事へのコメント