170611大品山-瀬戸蔵山周回「概要」

2017年6月11日 粟巣野-大品山-瀬戸蔵山-粟巣野

グリーンシャワーを浴びに大品山に行こうと言う事で、粟巣野-大品山-瀬戸蔵山-粟巣野と周回して来ました。
普通大品山に登る場合、らいちょうバレーのゴンドラで登って瀬戸蔵山―大島山へと向かうのですが、今年の積雪期にゴンドラが運転中止となり、そのまま復旧出来なくなっています。
ですから、瀬戸蔵山・大品山・鍬崎山登山するには、麓から歩いて登らねばなりません。

麓から大品山のルートはいろいろ有りますが、粟巣野スキー場から百間滑-瀬戸蔵山経由か、粟巣野スキー場から調整池経由で大品山に向うのが普通です。
今回は粟巣野スキー場から調整池経由で登り、瀬戸蔵山から百間滑経由で下山してみました。

粟巣野から調整池までは電力会社の保守路が有り、そこまでは問題無く登れますが、その先は登山道ではなく境界切り開け道なので、階段などは無いので整備が良いとは言えず、しっかりした踏跡が有ると言う程度です。
急傾斜の登りなので雨後はし練り易く、下山に使うと危険かも知れません。

粟巣野から調整池への保守路登山口は少々判り難くいので、粟巣野集落の平井山荘で聞くのが一番ですが、平井山荘手前から左に分岐する車道に入り、送水管に出会った所が登山口で、駐車スペースも有ります。
画像

登山口に簡単な標識が有り、コンクリート舗装の車道の様な道に取り付きます。
画像

途中で普通も登山道になり、やがてスキー場ゲレンデ沿いに登り、スキー場上端部に出ます。
画像

スキー場上端部から送水管沿いに登り、急登が緩んで送水管と上下に少し離れて登ると、ダムの様な大きな調整池が見えて来ます。
画像

画像

調整池から上は境界切り開け道になり、しばらくは急登ですがブナ林に入ると急登が緩み、その辺りから今日の目的「グリーンシャワーを浴びに大品山へ」になりました。

新緑のブナの葉を通過した光はグリーンシャワーそのもので、前方を見たり左右を見たり上空を見上げたり、時には後方を見たりしてブナ林の新緑を楽しみました。
画像

頂上が近くなると少しですが残雪が見え始め、頂上台地の窪地にはかなりの残雪が有り、今年の積雪の多かった事を思いお越しました。
画像


三角点の頂上まで移動し昼食休憩、さほど展望が良い訳では有りませんが、例によってゆっくりの休憩時間でした。
画像


下りは瀬戸蔵山経由です。
瀬戸蔵山までのアップダウンしながらの新緑のブナ林も、大品山と同様に楽しむ事が出来、足元に咲く花も観察する事ができました。
画像

画像

瀬戸蔵山から百間滑までの階段急下りは、あまり見る物も無く辛い下りで、とても楽しむと言う感じは有りませんが、と言っても登るのはもっと辛そうで登るのも遠慮したい急登の階段続きです。
画像

百間滑の上の龍神の滝が近づくと杉巨木の見所が有り、その後は龍神の滝・松尾の滝・百閒滑を見、植物の観察しながら降りれば粟巣野スキー場のゲレンデです。
画像

画像

ゲレンデ沿いの遊歩道を降り、平井山荘にザックを置かせてもらい、駐車場まで車を取りに行き、今回のグリーンシャワー山行は終了でした。
画像

本編につづく
GPS軌跡
画像

この記事へのコメント