170401大辻山 3

「概要」から見る
2017年4月1日 大辻山

頂上までの標高差400m強、無雪期の所要時間1時間30分程度ですが、今日の雪では2時間ほどかかるかも知れませんが、12時までに頂上到着が目標です。

1008、登山道標識2 950m
標識1はスキーと登山靴と履き替えた登山口に有り、しばらく登った長尾山から頂上への本道合流点に標識2が有ります。
1008og123
頂上方向尾根
2m越えの積雪は有りそうです。
1009og124
ガスって景色が撮れないので、ポイント毎に撮影して登りました。

1022、標識3、奥長尾山 1025m
2m程度の高さに有ったはずの奥長尾山標識は見えず、標識3は半分ほど見えていました。
1022og125
1022og126
頂上方向尾根
1022og127

1030、標識4手前のブナ林 1015m
無雪期はこのブナ林が一番綺麗だと思うのですが、藪が押さえられた今は他にも綺麗なブナ林が見られます。
1030og128
1030og129

1032、標識4、ブナ林 
1032og130
1032og131

1044、標識5の上、シナノキ平 1085m
標識5は低い所に有るので全く見えず、地形さえも判らないほどで、ここまで来て標識5を通過していた事が判るほどでした。
1044og132
夏道では標識5と6の間が長く感じる所ですが、今はさほど遠く感じずに登る事が出来ました。

1101、標識6、ブナ林 1170m
無雪期はl/この辺りが良いブナ林ですが、積雪期の今は、この辺りから頂上にかけて良いブナ林が見られます。
1101og133
1102og134
標識7・8.・9は近い距離に設置されており、ここまで来たら頂上までは何とか登れそうだと重い所です。

1109、標識7 1190m
1109og135

1110、標識7―8間のブナ林 
1110og136

1114、標識8 1200m
1114og137
積雪期は、ここからは標識9を通過せず、9.2辺りを目指して急斜面を登ります。
でも、急傾斜の斜面を登るので、それほど楽では有りません。

1127、登山道沿いに出る 1260m
標識9から50mほど頂上寄りに出ただけでした。
1127og138
積雪期は、ここから標識10の間に急登の細尾根が出来、危険個所になるのですが、今年は尾根が広く危険は全く感じる事は有りませんでした。

1140、もうすぐ頂上台地 1330m
尾根が一番細いと思った所でもこの程度でした。
1140og139

1142、頂上台地、標識10 1335m
標識は見えませんが急登は終り頂上台地のなだらかな斜面になりました。
1142og140

1147、大辻山頂上、標識11 1361.2m GPS高度1364.3m
頂上は台地の端に有り、頂上手前は無雪期より急登二なってる様に見えましたが、頂上の広さはあまり変わっておらず、広く使える状態でした。
1147og141
展望は見えないけど、薬師岳方向の木2本
1148og142
スキーと登山靴履き替え時に追いついて来た2人は帰り支度を始めていました。
我々は目標の所要時間で登頂出来たし、下り所要時間も問題無しとし、ゆっくりの昼食休憩としました。

つづく

この記事へのコメント