登山道の花 アズマシロカネソウ


キンポウゲ科
多年草
花:黄緑系白~緑、5枚(裂、春~初夏(4―5月)

秋田県から鳥取県の日本海側に分布、低山の沢筋で水が染み出す様な場所に生え、背丈10-20cm程度になる多年草。
花期は4-5月、花はうつむき加減に咲き、大きさ10mm前後、黄緑色の花弁状の萼が5個あって、一部は外側が紫色を帯びる。
花期には根生葉は無く、茎の上部に2-3枚の葉を対生するが、輪生の様に見え、葉は3裂し丸味のある鋸歯になる。
よく似たサンインシロカネソウが有るが、萼片の暗紫色は基部のみになるのが特徴で、福井県から島根県に分布するらしい。

アズマシロカネソウ
画像

画像

この記事へのコメント