自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 170401大辻山「概要」

<<   作成日時 : 2017/04/02 10:25   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年4月1日 大辻山

今の時期に大辻山に登るのは久し振りかもと思い、記録を見てみたら2015年4月12日に登っていました

今日より10日後ですが、その時は所々で林道の残雪が途切れた所が有り、雪崩れのデブリで埋まった所有りでした。

今回も林道途中で残雪が途切れる所が有るかと予想していた簿ですが、その様な場所は全く無しで雪崩デブリで埋まった所も無く、この先10日間で林道が見え始める所が有るとは想像出来ない残雪量で、城前峠の先標識5近くのガードレールが見えた所で1.5m以上でした。

XCスキーで林道を登りましたが、長尾峠までの林道は、国少のスノーモービルが通った跡が有って、圧雪状態になっており、カンジキなどでも歩き易い道でした。
下りでは雪が腐ってカンジキ歩きは大変な様子でしたが、スキーでは結構滑って楽に降りる事が出来ました。
画像

林道標識9から登山道沿いに登りましたが、林道の残雪同様に登山道の残雪も多く、登山道番号標識が辛うじて見える程度か、見えない標識も有る状態でした。
画像

登山道沿いは危険な所は少ないのですが、頂上台地手前の急登細尾根は残雪量によっては危険な時期が有るのですが、今は尾根が広く見えるほど残雪が多く、全く危険を感じる事は有りません。
最後の細尾根
画像

先行者が一人のスノーシュー跡と、その前の消えかかった踏跡が残っていましたが、登山道沿いに歩き始めた所で後続の2人に追い越され、カンジキ踏跡を残してくれたので、そのお蔭も有って目標の国少から4時間程度の所要時間で頂上に達する事が出来ました。
先行の2人
画像

頂上の積雪量はどの程度なのか想像が付きませんが、2m程度の高さに有る頂上設置の標識11番の木は随分下に見えていました。

天気は黒りの予報でしたが、山中はガスっており展望は無しの1日でした。
下山時の城前峠
画像

これからが大辻山の春山シーズン、林王を歩いて向うも良し、林道が除雪されるのを待って向うのも良し、良い残雪の山になる期待大です。

ミズバショウの頃にもう一度向かってみたいものです。

本編につづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
170401大辻山「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる