170415御鷹山-干支の山

2017年4月15日 御鷹山-干支の山

荏原山歩会が干支の山に登り始めたのが1996年の鼠年、1回巡り終り2回目に入って、2回巡り目も残り少なくなりました。

そこで今年の干支は酉(鳥)、干支と西暦の山に登る「荏原山歩会」としては、鳥にまつわる山として御鷹山(675m)に登って来ました。

無雪期に行くと頂上寸前まで行く事が出来、超手軽な山なので、それでは登った感が少ないだろうと、残雪が有るうちに林道歩きを加えれば、少しは苦労して登頂した気分になるかと、この時期に実施としました。

登山口に向う林道は4ケ所も有りますが、向かったのは一番林道が短い割山集落から、最初から林道歩きになっても3.5Km程度の所からでした。

所々に残雪が有り3.5Kmでも2―3時間はかかるかもと、9:00頃に割山集落前から歩き始める事が出来る様に荏原公民館前を出発、それでもだいぶ先まで車で入る事が出来ると思っていました。
画像

残雪は割山集落から林道に入り1Km行った所に出て来てしまいました。
積雪30cm、長さ20m程度でしょうか、この様子ならこの先もすぐに残雪で通行不能と思い、ここに駐車し歩き始める事にしました。

林道はすぐに残雪で通行止めかと思いきや、行けども行けども少々の残雪が有っても通行不能の所は無く、舗装林道歩きが続きました。
画像

画像

林道が残雪で埋まった所に出会ったのは、御鷹山林道分岐の300mほど手前でした。
画像

その先の御鷹山林道は残雪で埋まっていましたが、登山口から頂上下まで雪無しで、頂上直下で残雪の急登となり、そこを登り切って御鷹山頂上着でした。
画像

画像

所要時間1時間40分、干支の山「御鷹山」に登頂、記念撮影をし、早い昼食と休憩を取り、無事下山して干支の山山行を終えました。
画像


GPS軌跡
画像



この記事へのコメント