自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 170318-19細蔵山 6完

<<   作成日時 : 2017/03/31 06:10   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2017年3月19日 細蔵山

昼食休憩とテント撤収に1時間30分を要し、下山所要時間4時間を計算して見ると駐車場着が17:30、遅くても18:00には辿り着きたいと言う感じでした。

1332、下山発 1234m
1332hzb147

1415、木の根山先の細尾根
1415hzb148

1436、木の根山からの急坂でカンジキ不調 1050m
1436hzb149
木の根山からの急坂を950m鞍部まで降りると、長いアップダウンの繰り返しに入り、650mの細尾根辺りまで続きます。

1527、850ピーク
行けども行けども高度が下がらないと、疲れが倍増する気分ですが、未だ長いアップダウンの半分も消化していません。
1527hzb150

1544、835ピーク
950m鞍部から1時間も歩きましたが、未だ100mほどしか高度を下げて居ません。
1544hzb151
振り返って
木の根山がようやく離れて見える様になりました。
1544hzb152
ここからは少し下りが続き、もう一度登り返しが有って下り、その先に危険細尾根が有ります。
登りの時通過した細尾根を思い出し、疲れた体でその細尾根を渡るのは危険、通った事は無いが林道に降りるか相談、やはり林道は雪崩のデブリや崩落で危険と言う事になり、危険細尾根通過する事になりました。

1623、危険細尾根 650m
登りの時に残雪が多くて危険だった細尾根、一番危険な所の残雪は無くなっていましたが、それでもバランスを崩すとお仕舞と云う危険個所を何とか通過でした。
1623hzb153
下山方向、ブナあがり子
1623hzb154
これでアップダウンは終って降りるのみとなり、どんどん降りるだけです。

1637、林道出合 570m
穏やかな傾斜の林道に降り立ちました。
このまま尾根を降りると残雪の有る所無い所、藪や細尾根が有るので、疲れた体で通過するのは嫌と、林道を降りて見る事にしました。
1637hzb155
林道上方向
1637hzb156

1646、林道崩落
5分ほど降りた所で前方に林道崩落個所が見え、通過不可能と言う事が判明、10分の時間ロスをして元に戻り、やはり尾根を降りる事になりました。
1646hzb157

1652、林道から尾根下り口
1652hzb158
尾根は登りの時より残雪は少なく、途中でカンジキを外しましたが、さほど苦労無く降りる事が出来ました。

1724、木の根尾根下端着 430m
尾根下端は残雪無しでしたが、降りきるとこの様に残雪が多くカンジキ必要?と云う感じでしたが、先行者のツボ足跡が有ったので、カンジキ無しで通過しましたが、カンジキ装着の方が良かったかもでした。
1724hzb159

1749、駐車場所 400m
尾根下端から700mも離れてる所を、先行の跡が有るとは言え坪足で歩いたので、残っていた体力は全て使い切っての駐車場着でした。
目標時間も少しオーバーでしたが、何はともあれ無事で良かったと、今回の細蔵山山行は終了したのでした。
1749hzb160


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
170318-19細蔵山 6完 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる