170216大品山周回 3

「概要」から見る
2017年2月16日 大品山周回テレマーク

0959、出発前に立山展望、
0959os139

1003、大品山方向 山頂駅から1.25km
瀬戸蔵山には10:10頃まで休憩し大品山に向けて出発でした。
佐伯知彦氏はこの辺りで少し撮影後、瀬戸蔵山から少し戻った所に有る急斜面を滑降すると言っていました。
0958os137

1011、杉大木の尾根 山頂駅から1.5km
瀬戸蔵山頂上から急斜面を少し下ると杉大木の多い尾根になり、雪が少ない時は尾根は通過せずに、右斜面をトラバースするのですが、今年は上手く尾根に踏跡が着いています。
1011os183
1012os184

1022、瀬戸蔵-大品鞍部のブナ林 山頂駅から1.65km
杉大木尾根を越えると再びブナ林の尾根になり、鞍部から少々急な斜面の登り返しです。
1022os185
1022os186

1027、1320ピークへの斜面
1027os187
1027os188
1027os189

1031、1320ピーク手前  
1031os190

1034、1320ピークから大品山・鍬崎山 山頂駅から1.8km
ここから見る大品山はもうすぐそこなのですが、私としてはこの先にほんの少しの難所通過が気になり、とてももうすぐ頂上とは思えない所です。
でも、これから難所通過終了まで撮影の余裕が無いので、ここで写真は撮っておきます。
1034os141
大品山
1034os142
鍬崎山
1034os143
立山
1035os144
急登の細尾根通過はジグザグもままならず、小さなジグザグと階段登行で前にも後ろにもバランスを崩さない様、十分注意して乗り切ります。

1052、難所を通過後振り返って 山頂駅から2.0km
写真にすると何とも無い所なのですが・・・
1052os192
登り方向
三角点頂上まで標高差70mほど残っています。
1052os193
毛勝連山展望
1052os194

1101、大品山三角点前の急登 山頂駅から21km
三角点頂上までは30-40mの急登が残っていますが、ここまで来たら頂上はもうすぐそこです。
1101os195
大日岳展望
1101os196

1107、もうすぐ大品山三角点
1107os198

1112、大品山三角点から展望 山頂駅から22km
大品山は頂上が広い台地になっており、見通しが良くないので台地の端に三角点が設置されており、その辺りだけ少し展望が開いています。
大日連山
1112os145
大日から毛勝連山
1112os146
毛勝連山-
1112os147
粟巣野スキー場
1112os149
撮影後、最高点まで移動し昼食休憩をするのが定番ですが、今日は一人なのでシールを外して滑降準備をします。

つづく

この記事へのコメント