170311大乗悟山直登ルート 2

「概要」から見る
2017年3月11日 大乗悟山直登ルート

400m辺りの杉植林上端で、残雪が途切れて斜面が登れない事が判り、林道に出るしかないかと思いながら左にトラバースすると、残雪の斜面が見えて来ました。

1019、残雪の斜面 410m
ここなら残雪期に何度か歩いた事が有るので、残雪が少なくても何とか登れるはずと、この斜面を登る事にしました。
1019dg111
上部林道
頭上には林道も見えており、そこまで登れば目標の登り尾根も近いし、残雪が無ければ通常の登山道も近くです。
1019dg111b

1028、残雪の斜面途中から振り向いて
今日の天気は午後から好天の予報です、今は遠望が有りませんが次第に展望が良くなる事を期待です。
1028dg112

1036、上部林道から 480m
スノシューでは登り難いと言ってカンジキ装着させた連れ達ですが、残雪の少ない斜面を登るにはどちらでも良かった様です。
1036dg113

1037、上部林道より上の斜面積雪
上部林道に登って上を見上げると、やはり残雪は少なく、尾根を登るのは無理かと思わせました。
1037dg114
展望
1037dg115
残雪は少なそうですが、以前登った所までは言って様子見し、残雪が少なければ登山道に回るしかないと言う事で、林道を少し歩いて登り尾根の反対側に回ってみました。

1046、林道から尾根の取り付き
期待した通り登り尾根にはしっかり残雪が有って、頂上まで続いている様子でした。
1046dg116
1046dg118

1100、尾根登り 530m
尾根の雪は柔らかくキックステップが簡単に出来、急傾斜でも危険を感じる事無く登れそうです。
1100dg119
稜線
前方に頂上に続く稜線が見えていますが、それが随分遠く高く見えています。
1100dg120

1106、急登を振り返って 550m
一気に登らず途中の平坦地で休憩を入れながら登りました。
1106dg122
同行者
1106dg121

1117、もうすぐ頂上 570m
樹林の上に木が無く残雪に覆われ、白い突起が見えると、もうすぐ頂上です。
1117dg123

1123、頂上到着 590m
駐車場から2時間10分、少しのトラブル時間を除けば2時間の所要時間で登頂でした。
我々より遅く出発し、スキーで登って来た男性と同時登頂でした。
1124dg128

つづく

この記事へのコメント