自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 170316尖山夏椿峠ルート

<<   作成日時 : 2017/03/16 16:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年3月16日 尖山夏椿峠ルート

3月になってから粟巣野スキー場が平日休業になり、他のスキー場では費用がかかるので、代わりに平日山歩きしているのですが、これとて付き合ってくれる人も無く、一人で人の訪れない山に行っては、何か有ってはまずいと思い、訪れる人の多い尖山に行く回数が多くなりました。

毎回写真を撮りながら登るので、それに洒落た文章を付けてUP出来れば良いのですが、私にはその様なセンスは無いので、ネタ切れになった頃時々、山記録か情報としてUPしています。

今回もネタ切れになって来たので、前回(2月28日)の時と特に変わりは無いのですが、UPしておきます。

昨日は天気が悪く寒いとの予報だったので、麓の横江集落付近は少し白くなっていましたが、今日はそれが解け始め、杉林の下は雨の様に雫が落ち、登山道脇の木々は触ると雪が落ちると言う、雨降りの山行の様相で、下山時には少し雨が降った事も有り、雨天山行をした後の様になりました。
画像

夏椿峠道を登ったのですが、登山口までの車道はほとんど雪上を歩かなくても良い状態で、登山道に入ってからしばらく雪は有りません。
夏椿峠道登山口
画像

9本ブナの手前辺りから雪を踏んで登る様になり、尖山展望台から杉林の中は雪無しですが、赤松平からユズリハ坂坂は時々雪が途切れるものの、その後は雪が連続し新雪も少し有って、頂上まで雪上歩きでした。
ユズリハ坂
画像

頂上下のロープ場は雪が結構有るので、登りで滑り落ちる様な事無く適当な足場になりますが、下りに使うと滑ったりゴボルので注意が必要でしょう。
画像

画像

下りは本道を降りましたが、雪上歩きの所が多く、徒渉部付近で雪崩デブリが有って、登山道が高く細くなっており滑ると危険です。
その他の所でもゴボル所が多く、下りでは十分注意が必要と思いました。

去年は雪解けが早かったのですが、今年の尖山の積雪も去年とさほど変らない様に見えます、未だ花はマンサクとフキノトウしか見えませんが、雪解けが進むに連れて花も見え始め、後1月も経たない内に春の花が盛んになる事でしょう。
画像

余り早く日が過ぎるのは嫌ですが、そろそろ春の山の花が見たくなって来ました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
170316尖山夏椿峠ルート 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる