自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 170225笠尻山-千石城山縦走「概要」

<<   作成日時 : 2017/02/26 12:04   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年2月25日 笠尻山-千石城山縦走

笠尻山-千石城山縦走、今年は今が適期と思い実行しました。
天気予報は早朝雨か雪、日中は曇りで一時雨で夕方また雨か雪でしたが、私の予想は一日中曇りで回復傾向との思いでした。
実際の朝の天気は雨やみぞれで実行不可能の様相でしたが、山に近づくにつれ雪になり、雨でなければ何とかなると言う事で、下山口の千石城山下のスキー場駐車場へ。

車1台をデポして笠尻山登山口の折戸峠移動、その頃は雪も止んでおり、このまま曇り続いてくれたら良いのだがと思いつつ出発でした。

笠尻山途中で再び雪が降り始めたのですが、すぐに止み空は明るくなって青空も見え始め、その後は次第に青空が広がり、下山まで晴れの良い天気で天気は大外れの一日でした。

笠尻山登山口から笠尻山頂上手前までは夏道沿い、そこから千石城山に連なる尾根に分岐は、左斜面に沿って進み尾根が見えた所で大きく下り、609mピークに登り返します。
画像

画像

ここまでは簡単にルートは判りますが、この先は地形図に見られる以上に多くの小ピークが有り、どの方向に進むかはルートを知らないで行くと迷います。
画像

途中の目標は703mピークですが、この頂上が見えなくなる所が有り、そこで行先が判らなくなるかも知れません。
660mピークで再び703mピークが見えると、703mピークには登らず左下を目標に進み、左をを巻く様に登ると千石城山に連なる尾根が見えて来ます。
画像

その後の尾根は1本になりますが、千石城山頂上が見えるのはもう少し先なので、千石城山頂上を展望して方向を確かめたい場合は、703mピークに登る必要が有ります。
画像

尾根690mに登ると千石城山が見え、細尾根が有りやや危険も有るものの、後は頂上に向ってアップダウンを少しして、頂上手前の急登を登り切るのみです。
画像

所要時間3時間、思い雪のラッセルが有りましたが、ルート迷いは無かったのに意外に時間がかかりました。

この日の千石城山頂上、展望は素晴らしかったのですが、先着者1人と下山に出会った人1人、早朝天気が悪かったので、登山者が少なかった様です。
画像

我々は下りでも少し変わった下山路を使い、一日低山の雪山を堪能しました。

本編につづく
GPS軌跡
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
170225笠尻山-千石城山縦走「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる