170208粟巣野テレマーク

2017年2月8日 粟巣野テレマーク

2月6日と7日はチラチラ雪が降って、我が家周辺でも5cm程度の積雪が有り、天気予報は1日曇りと言う事で、空を見上げると少しの青空も見えていたので、もしかしたらスキー場は新雪滑降が出来るかも知れないと思い、粟巣野スキー場に行って来ました。

行ってみると平日と云うのに駐車場は観光バスと自家用車で満車寸前でした。
今年は隣のスキー場らいちょうバレーが初心者ゲレンデリフトが運転出来ず、小学生のスキー学習が出来ず、その分粟巣野に移動して来る小学校が多い様で、連日多くの小学生が来ている様です。
画像

画像

その小学生で下ゲレンデのリフトは少し列が着いていましたが、上ゲレンデは小学生で滑るのは少し難しい事も有り、列が着く事はほとんどない程度の人数しか滑っていませんでした。
画像

圧雪してないゲレンデを滑降する人は3―4人だけ、私が行った9:30分頃は新雪部が未だ残っており、12:00までの2時間30分、楽しく滑ったり転んだりすることが出来ました。
画像

粟巣野スキー場トップ800mの積雪は170-180cm、雪不足の心配はもう有りませんが、最適コンディション期はそろそろ終盤なのか、心なしか新雪も重くなって来た様に感じました。

新雪が積って気温の低い日はだんだん少なくなりますし、日も長くなるのでパウダーを楽しめるのは2月下旬まででしょう。
雪質の良い内にせっせとスキー場通いして、少しでも衰えを食い止めなければと思っております。

この記事へのコメント