自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 161225 芦生-雨乞い岩-小佐波御前山 3

<<   作成日時 : 2017/01/04 06:20   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2016年12月25日 芦生-雨乞い岩-小佐波御前山

1048、登り返し開始 480m
一通り撮影したら撮る所も無くなり、登り返しに入るしかありません。
1048amg103
下りは何処まで続くのかと思うほど遠く感じますが、登り返しは思ったほど遠くは感じる事無く、すぐに滝の脇まで登り返す事が出来ます。

1104、滝の脇 575m
ここまで登り返すと御前山への分岐はすぐそこです。
1104amg148

1107、分岐まで戻る 590m
ここから小佐波御前山まで未だ1時間以上はかかりそうです、予定通り御前山を経由して小佐波御前山に向います。
1107amg149

1112、御前山への階段 525m
先に行くのは雨乞い岩で出会い後から来たグループ、あっという間に追い越していってしまいましたが、我々も何とか後を追っています。
1112amg150
1112amg151

1117、御前山頂上 669m
先行グループはすぐに小佐波御前山に向って出発して行きましたが、我々はここで休憩しておやつを食してから出発でした。
1117amg152
1118amg153

1136、林道終点 690m
御前山からここまで舗装林道歩き、ここから再び登山道です。
1136amg154
登山道
1137amg155
普通は獅子ヶ鼻岩に立ち寄って行くのですが、今回は少し先を急いで獅子ヶ鼻岩はパスして頂上に向いました。

1150、展望場 660m
獅子ヶ鼻岩に立ち寄らなかったので、ここで同じ様な展望を撮影してみましたが、ガスっていて大した展望は有りませんでした。
1150amg106
1150amg107
空腹感が出て来たのか?何かが切れて来たのか?展望撮影していると同行者は先に行こうとしていました。
1151amg109
この後は写真撮影を控え、私なりに出来るだけ早く頂上に向いました。

1204、最後の階段 710m
この階段が急で長く一番辛いのですが、これを登り切れば頂上台地で頑張ります。
1204amg157

1210、頂上台地 755m
平地から小佐波御前山を」見上げると台形に見え、その上部水平部の端で、これから先にはもう極端な登り下りは有りません。
1210amg158

1212、三角点頂上 7641m
頂上としてこの頂上の他に2ヶ所の頂上が有り、多くの人はベンチと小屋の有る頂上で休憩しますが、我々は一番奥の展望の頂上へ行く事にします。
1212amg159

1214、頂上台地の樹林
頂上は広い台地の上この様な樹林になっているので、360度の展望と言う訳にはいきまえん。
1213amg160
ブナと青空
上空は一部青空が有りますが、遠くを展望出来る様な広い青空は有りません。
1214amg161

1216。ベンチと避難小屋の頂上
ここは平地が良く見えるので小佐波御前山頂上と認識し、ここまでとする人が多い様で、このベンチかすぐ近くの小屋に入って休憩する様です。
1216amg162
避難小屋
トイレも付いた広い小屋です。
1217amg163

1222、展望の頂上
我々はこの展望の頂上で展望が良くない事を確認し、少し戻って休憩場所を探して休憩する事にしました。
1222amg110

つづく

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
161225 芦生-雨乞い岩-小佐波御前山 3 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる