170115尖山、天林道ラッセル 1

「概要」から見る
2017年1月15日 尖山、天林道ラッセル

天林集落から少し離れた平坦地に太陽光発電所が有り、その左に斜面と尾根が有り、その尾根は小さなアップダウンを繰り返して尖山に続いています。
今回はその尾根をラッセルで頂上に向います。

1003t、天林の森駐車場出発 330m
左の霞んだ尾根に登ります。
尖山も見えるはずですが、今日は天気は今一で見る事が出来ません。
1003tbt102

1007、太陽光発電横
荒地の様になっていた場所ですが、太陽光発電が有利な頃に設置されました。
1007tbt103
スノーシューを履いても効果が無いのではと言うほどゴボリ、平坦地でも膝辺りまでの積雪のラッセルです。

1019、天林の森に入る
この森は私有地のはずですが、整備しながら自然を楽しんでくれたらと言う事で、ボランティア団体に使わせている場所です。
1019tbt104
太陽光発電所
1019tbt105
1から4までの展望所が有って、今は雪に埋もれていますが、第四展望所まで30分の標識が有り、そこまでが天林の森だったはずです。
無雪期なら苦も無く登り切れる所ですが、平坦地でも深かった積雪は、斜面登りになると更に雪が深くなり、これは時間がかかりそうと思いました。

1032、第一展望台?
ここが第一かどうか知らないのですが、辺りを刈り開いて展望の良い場所が有り、梯子と台座の様なものが有ります。
1032tbt106

1039、尾根に乗る 330m、出発から400m
第一展望台を通り過ぎしばらく行くと、前方が下り斜面になり尾根に達します。
出発から1時間がかりでここまで、この先は尾根歩きで急斜面も少なくなるので、速度は上がるはずです。
1039tbt107
前方下り斜面
1039tbt108
思ったほど歩き易くは成りませんでしたが、少し進む速度が上がりました。

1056、第四展望台 360m、出発から700m
2・3が判らなくていきなり4展望ですが、辺りは樹林で囲まれており展望は有りませんが、第四展望台の標識が有ります。
以前は植林の背丈が低く展望が良かったのかも知れません・
1055tbt109
標識
1056tbt110
夏椿峠道まで残り600m、そこまでなら私もラッセル出来そうと、この先は私がラッセルです。

つづく

この記事へのコメント