170115尖山、天林道ラッセル「概要」

2017年1月15日 尖山、天林道ラッセル

突然大雪になり、高い山や遠い山に行くのは無理になってしまい、一番簡単そうな山で登ってる人も居そうな、尖山に行き、それでもしっかりラッセル気分も味わいたいと、尖山の天林道から登ってみました。
ってみました。

尖山記録の連載中に尖山が割り込みになってしまいますが、結構充実した山歩きが出来たので、まず概要をUPしておきます。

尖山天林道はいわゆる一般登山道ではないのですが、天林の森から尾根ズ隊に、尖山夏椿峠道に合流し、尖山頂上に向うと言うルートで、いわゆる一般道ではありませんが、境界刈り開けの踏跡が有り、無雪期も歩く事が出来ます。

天林の森駐車場の積雪60―70cm、当然ですが予想通り踏跡無しのラッセルで歩き始めが10:00でした。
この遅い時間の出発は、同行者が雪の降る中金沢から来る事、ラッセルと言っても天林の森から夏椿峠道に合流するまでと思ったからでした。
画像

ところが歩き始めの平坦地歩きからラッセルはかなりきつく、最初の斜面登りから尾根にのるまででも30もかかってしまうほどでした。
画像

尾根に乗れば樹林下歩きになり、積雪も少な目で緩い登りになって、かなり速度も上がると思ったのですが、積雪はやや少な目ではあるものの速度がそれほど上がらず、夏椿峠道に合流した時は11:30を過ぎていました。
画像

でも、夏椿道にはラッセルの後が残っており、このトレースなら12;00過ぎには頂上に辿り着けそうと思ったのでした。
画像

しかし、その予想は5分も行くと大外れ、ラッセルの主が藪を越せなくなり、引き返そうと思ってる所に出合ってしまいました。
そのラッセル主は美人女性2人、当然ですがラッセルは交代、女性にはラッセルは我々がするから、と少々見栄を張ってみたのでした。
画像

私は歩きなれた道のナビゲーター役、ラッセルは同行者に丸任せ、夏椿峠通過は12:25、その先の最後のロープ場急登も、本道合流手前までラッセルは任せでしたが、私も30分ほどラッセルをして、13:30やっと本道合流でした。
画像

後を登って来た女性2人
画像

13:37尖山頂上到着、所要時間3時間40分のラッセル登山でした。
画像


本編につづく
GPS軌跡
画像




この記事へのコメント