170107千石城山-伊折ルート「概要」

2017年1月7日 千石城山-伊折ルート

2015年12月に、早月川からの林道歩きで登った記録が無いからと、林道歩きで千石城山を往復した記録をUPしましたが、鉄塔保守路で登る千石城山もほとんど記録がないので、今回は伊折から鉄塔保守路で登る千石城山です。

取り付きは伊折発電所の左(下流側)に立つ鉄塔付近、小川に架かる小さな橋から始まり、変電所フェンスに沿って進むと、前方に階段が見えるのが鉄塔と送水管用の保守路です。
画像

送水管脇の階段を登っても、ジグザグの保守路を登っても良いのですが、450mで送水管の下を通過する所で間違えなければ、後は千石城山に向って直登する送電線の下を目標に登るので、道を間違える事は無いでしょう。
画像

保守路は600mの送水調整池まで続き、その先は次の鉄塔保守路(最上部登山口)まで林道歩きとなり、登山口から頂上までは何時もの登山道です。
画像

鉄塔保守路の整備は一部階段が傾いており、滑り落ちそうな所も有って特別良いとは言えませんが、登山道として使わせてもらってるので文句無しです。
画像

このルートの良い所は何と言っても展望で、晴れて展望の良い日に登ると、歩き始めから頂上まで剱岳を始め、剱岳北方稜線の山々や近くの山の、展望を楽しみながら登る事が出来るところでしょう。
画像

この日も天気が良買ったので、展望を楽しみながら登りましたが、上市川早乙女湖側からも大勢の登頂者が有った様で、登山道は広くしっかり踏まれており、頂上にも知り合い3人も含め、大勢の登頂者がいました。
画像


本編につづく
GPS軌跡
画像





この記事へのコメント