自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 161215尖山 2

<<   作成日時 : 2016/12/23 06:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「1」から見る
2016年12月15日 尖山

0953、鞍部杉林 975m
登山道は一旦20mほど下り杉植林に入ります。
0953tg134
湿地
湿地が有り水が流れているのを見る事が有りますが、流れ出て行ってる所が有りません。
0954tg135

0954、鞍部から登り返し 975m
ここまで大した急登は無かったのですが、ここからは急登が出始め夏椿峠に向います。
0954tg136

1000、もうすぐ夏椿峠 410m
滑り易い急登を登って来ましたが、この先の峠で急登は一旦休止です。
1000tg138

1002、夏椿峠 425m
峠を越えて栃津集落に降りる道と頂上に向う道との分岐です。
1002tg139
高峰山とその先に雲に隠れた毛勝連山
ほんの少し展望が開いており、視界の良い時は毛勝連山を見る事が出来ます。
1002tg140
ナツツバキに標識
その名の通りナツツバキが有って、時期になると花を見る事が出来ます。
1003tg141

1005、一旦平坦地 430m
峠から再び急登かと思うのですが、5ー6m登ると一旦水平道になります。
1005tg142

1006、急登開始 435m
ここからはこのルートで一番の急登二なり、標高差100mほど急登が続きます。
1006tg143

1011、ロープ場始り 465m
ロープに雪が着いており持つと軍手「が濡れて冷たいので、持たない様にして登りましたが、少々滑って登るのに時間を要してしまいました、
1011tg144

1016、急登 485m
この辺りが一番の急登で滑り易かったのですが、私には写真に撮る事は出来ません。
1016tg145

1023、ロープ場終り 510m
前方にロープが無くなり少し傾斜が緩むと、前方上に本道の擬木が見えてきます。
1023tg146
振り向いて平地展望
急登で振り向くとこの様な展望が見えてるのですが、ここで1枚だけ撮ってみました。
1024tg147

1025、本道合流 520m
本道は広くジグザグを切って有るので傾斜の緩い道です。
1025tg148

1027、もうすぐ頂上 540m
1027tg150
最後の急階段
鎖が居るほどの事は有りませんが、鎖が設置された階段が有り、これを登り切れば尖山頂上です。
1028tg151

1030、尖山頂上 559.3m
私より先に車が通った跡が見えていましたが、本道を登った登山者が一人登頂していました。
1030tg153
立山方向展望
地調する頃にはもう少し展望が良くなるかと思っていたのですが、残念ながらこの程度の展望でした。
1031tg154

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
161215尖山 2 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる