自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 161206座主坊山 1

<<   作成日時 : 2016/12/16 06:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2016年12月8日 座主坊山

本編を書いて置くほどの山では無いかも知れませんが、折角撮った写真も有る事だし写真を並べて本編を作成しておきます。

1025、林道分岐の民家・登山口標識 310m
車はこの民家の前に止め、もう車で入るのは無理の様な林道跡に入ります。
1025zas101
1025zas102
山小屋利用案内
実際にはもう使えないかも知れません
1025zas103

1026、林道跡を行く登山道
跡としましたが私の車なら通れる程度の旧林道ですが、林道歩きは500m程度なので無理に車で入る必要は有りません。
1026zas104
1027zas105

1031、林道
1031zas106

1033、倒木
この様な個所も有るので、車で入ってもここまででした。
1033zas107

1034、栃津下嵐尾根?
左のピークは先日登った栃津下嵐尾根の416m峰のはずです。
1034zas108

1036、大辻山・来拝山展望
特に見るべき所の無い林道歩きですが、雪で白くなった大辻山や剱岳が見えていたので撮ってみました。
1036zas110
大辻山
1036zas111
剱岳
1036zas113

1039、火の用心標識の尾根 360m
尾根を傷り取った場所に標識の様なものが倒れており、裏返しになっていたので表を見てみました。
1039zas115
火の用心が見えるだけで、登山道標識には見えませんでした。
1039zas114

1043、林道のつづき
もしかしたら林道を先に行った場所が登山口かと思い、その先にも行って見ましたが、登山口の様な場所は有りませんでした。
1043zas117
下界展望
登山口探しとは関係有りませんが、下界の展望が良い所が有ったので撮ってみました。
1041zas116

1045、戻って改めて標識の尾根 360m
少しうろつきましたが結局はこの標識の上の尾根に登って見る事にしました。
1045zas118

1046、登山道
やはり登山道は尾根を登っており、はっきりした踏跡が見えていました。
1046zas119

1049、藪
踏跡は藪に覆われたり見えたりしながら尾根通しに続いており、見失う様な事は有りませんが、下りの事も考え踏跡が分岐した様な所をチェックしながら登りました。
1049zas120

1052、踏跡
踏跡ははっきりしたり藪になったりしながら続きます。
1052zas121

1058、最初のロープ 420m
踏跡が頂上に向けての急傾斜になり始めるとロープが見えて来ます。
1058zas122

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
161206座主坊山 1 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる