同定<100>イチヨウランとコイチヨウラン

Dactylostalix ringens Rchb.f.  イチヨウラン 
Ephippianthus schmidtii Rchb.f.  コイチヨウラン 

イチヨウラン s1103
画像

北海道から九州に分布、低山や亜高山下部の針葉樹林床に生え、背丈は10-20cmの多年草。
花期は6-7月、花茎の先に横向き1個の花を付け、花径3cm前後で、萼片、側花弁の5枚は淡緑色、中裂片1枚は大きく、白色で紫色の斑点が有る。
葉は1枚のみで楕円形、長さ3-5cm多肉質で硬く、柔軟性が少なく曲げると折れる感じ。
イチョウ蘭ではなく一葉蘭、別名ヒトツバランだが、これを本名にすれば間違う事は無かったのにと思う。
富山県では絶滅したとされているらしいが、未だ僅かに残っている様で、2007年に私の目に入ったもの。



コイチヨウラン s1368
画像

本州中部から北海道や四国の一部に分布し、薄暗く苔が生える様な林内に生え、背丈10-15cm程度になる多年草。
葉は地面に張り付いた様になった1枚だけで、長い柄が有り、大きさ2-3cmの広い卵形。
花期は7-8月、細い花茎の先に、径10mm程度,3+2枚弁の、白っぽい色から黄緑色系の花を、1-数個咲かせる。
名前が似たイチヨウランが有るが、別属になり、葉が1枚と云うところは似ているものの、花径2-3cmとかなり大きい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント