同定<95>クサフジとコマツナギ

Vicia cracca L.  クサフジ 
Indigofera pseudotinctoria Matsum.  コマツナギ 

クサフジ s1455
画像

北海道から九州に分布し、平地から低山を越える辺りまでの、河原・道端・原野などの、日当たりの良い場所に生える、蔓性の多年草。
茎は丈夫な蔓になり、成長すると木質になり角ばる。茎先端には巻きひげが出て、他の草木に絡まって広がる。
葉は互生し、偶数羽状複葉で、小葉大きさ2-3cmで、18-26対になる。
花期は6-8月が中心だが、9月でも見る事が出来、茎上部の葉脈から総状花序を出し、青紫色ー赤紫色の蝶形の花を咲かせる。


コマツナギ s0906
画像

本州から九州に分布、河原の草地などに生え(我が家近くの河原で8月末に撮影した)、自立出来ず他の草に絡み、1-1.5m程度までになる落葉草状低木。
草状低木だが、見た目はほとんど蔓性の草の様に見え、葉は羽状複葉で小葉は11枚程度、長さ2cm巾1cm程度の楕円、葉全体の長さは15cm程度。
花期は夏から秋、花穂長さ10-15cm程度、小花は赤紫で下から順に開き、先端まで開いていない花穂を見る事が多い。
草本のクサフジと似るが、クサフジは小葉が18-24個、花穂は細長く花色は赤みが少ない。クサフジの花期は早く5月頃から始まる。
ツルフジバカマとも良く似るが、ツルフジバカマも草本で、葉の基部に目立つ袴の様な托葉が有る事からの銘々だとか、花の形自体が袴に似ている事からだとか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント