同定<89>イノコズチとヒナタイノコズチ

学名
イノコズチ   :Achyranthes bidentata Bl. var. japonica Miq
ヒナタイノコズチ:Achyranthes bidentata var. fauriei

イノコズチ
画像

本州から沖縄まで分布、普通は平地に生えるが低山でも見る事が有り、背丈50-80cm程度になる一年草。
葉は対生し大きさ10-15cm、葉の脇から枝を出し、茎先端に花穂を付ける。小花は緑色の5弁だが、この映像では上手く写っていない。
ヒナタイノコズチとヒカゲイノコズチが有り、ヒナタには種子が密集し、ヒカゲは粗く付くと云う。
イノコズチとは、このヒカゲイノコズチのこと云う。
種子は衣服に付いて運ばれるが、「猪の子に付く」と云う事からこの名だとか、又、茎の節がイノシシの膝に似ているかこの名と云う説も有るらしい。
漢字では「猪子槌」、だから正しくは「イノコヅチ」ではないかと思うが、「ズチ」が大勢を占めるので訂正。


ヒナタイノコズチ
画像

本州から九州に分布、普通は平地に生えるが低山でも見る事が有り、背丈50-80cm程度になる一年草。
葉は対生し大きさ10-15cm、葉の脇から枝を出し、茎先端に花穂を付ける。小花は緑色の5弁。
ヒナタイノコズチとヒカゲイノコズチが有り、ヒナタには種子が密集し、ヒカゲは粗く付くと云う。どちらかと言うと、ヒカゲイノコズチの方が標高の高い所に生える。
種子は衣服に付いて運ばれるが、「猪の子に付く」と云う事からこの名だとか、又、茎の節がイノシシの膝に似ているかこの名と云う説も有るらしい。

参照ページ

希少自生種盗掘防止のため、「販売」「無償譲渡」に反対運動中

にほんブログ村 アウトドアブログ 野遊び・森遊びへ
にほんブログ村





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント