自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 山行記録>常念岳050815-16

<<   作成日時 : 2005/08/19 22:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

年別山行リストへ/地域別リストへ/富山橋トップへ
---------------------------------------------------------
【日 程】2005年8月15−16日
【山 域】北アルプス長野県
【山 名】常念岳(じょうねんだけ)2867m
画像

【地 図】
画像
「この地図の作成にあたっては、国土地理院発行の数値地図25000(地図画像)、50mメッシュ(標高)を使用しました。」
国土地理院の成果の使用・複製に当っては、規定を守って下さい。
ルート記入はカシミールで作成しています。

【交 通】マイカーでR41・R471経由で、
【水 場】一ノ沢最終水場2200m辺り
【メンバ】富山橋M・Wの2人
【天 候】晴・曇り・一時雨
【タイム】今回   
     一ノ沢〜常念 登り5:30 
     ガイド本   登り5:00 
---------------------------------------------------------
2005年に常念岳から蝶ヶ岳を廻った事があります。その時撮った映像が上手く撮れておらず、どうしても同じ時期に再訪し、確認したい場所が有り、日帰りでで行きたいと、2人連れで向って見ました。

8月15日
03:30頃出発→06:40一ノ沢林道終点近くの駐車場所
登山口の駐車場まで車の乗り入れが出来ず、林道脇の広場に駐車、登山口まで200mほど手前でした。(タクシーは登山口まで乗り入可)
画像

07:20頃、 出発(1250m)
熱心に勧められて登山届けを書き、行き先は常念岳とし、行ける所まで行って帰るつもりの出発でした。
登山道は一ノ沢の左岸に沿って付けられており、水音が耳障りな針葉樹林の中の緩い傾斜を進んで行きます。

08:50 烏帽子沢
標識が有って、常念小屋までのほぼ半分の行程を示しています。昨年の大雨による鉄砲水の痕跡でしょうか、沢は大荒れの痕跡を残し、旧橋の残骸と新橋がかかり、登山道も新しく付け替えられていました。
登山道の傾斜はやや急になったでしょうか、相変わらず樹林が続き、沢音も衰える事無く続いています。

多勢の人が休憩をしている、流れの有る明るい沢に出会いました。我々もここで一休み、私の記憶では今回目的の撮影場所は近いはずです。
沢に沿った道も時々沢から外れ、急斜面をジグザグ登るほどの場所も出て来ますが、急登で辛いと云うほどの事も無く、順調に登れます。
画像

あまり見るべき所の無かった登山道でしたが、草付きの場所が有り、シモツケソウ・オタカラコウ・オオバミゾホウズキ・ヒメシャジン・センジュカンビ・ハクサンオミナエシ・ニッコウキスゲが咲いています。
目的の場所に来ました。どの辺りだったかと思い出そうとしますが、沢形状が変ったか、記憶の場所も目的の花も全く見当たりません。
もう少し先だったか、もう少し先だったかと進んでいく内に、最終水場まで来てしまいました。

11:00 最終水場(2200m)
結局、目的の撮影は出来ず、仕方が無いのでこのまま下山と思ったのですが、ここで富山橋Wから「これでは不完全燃焼だ」とクレームが付き、小屋まで残り1時間程度、空模様も怪しく雨もぱらついて来たので、小屋泊りで常念頂上までの山行に切り替える事にしたのでした。
画像

傾斜はこれまでと違って急勾配になりますが、さほどの事は有りません、雨具を着るほどに強くなった雨脚でしたが支障無く登り切る事が出来ました。

11:50 常念乗越、小屋(2466m)
小屋は未だ時間が早いせいか、天気予報が悪くて登山者が少ないせいか、混んでいる様子も無く、のんびりとした雰囲気でした。
2食付9000円也を払い(ちまたではホテル泊は値下がりと云う世情なのに、次第に値上がりしている?)宿泊客になりました。
画像

今日はこの先、雨で何処にも行けずかと思ったのですが、昼食を済ますと多少晴れ間の出る天気になり、ちょっとだけ横通岳方向へ踏み込んで見ました。
もう夏も終わりの感じで、見える花はオヤマソバ・ミヤマアキノキリンソウ・ハクサンオミナエシ・トウヤクリンドウなどでしょうか、もう山では秋色の風が吹き抜けている感じでした。

横通岳中腹から常念岳
画像

小屋に帰って食事待ち休憩、今夜の同室者は神奈川から来たと言う夫婦連れと合わせ4人と言う事で、6畳部屋でゆったりでした。
常念小屋の食事はなかなか良いと聞いた様な記憶が有りましたが、鳥の空揚げ4個がどーんと出ていたのは今一でした。

8月16日
4時頃外を見てみると、多少の星空が見えたので、取り合えず朝食前に頂上に向って見ました。

4:30頃、頂上へ向けて
昨日と変って、槍ヶ岳から穂高が展望出来、曇が多いながら、頂上手前で雲間から御来光を見る事が出来ました。

御来光
画像

穂高大切戸
画像

05:45 常念岳頂上(2867m)
残念ながら、頂上ではガスってしまいましたが、ここまで、あちこち見えた展望で、まあ、昨晩は泊った甲斐も有ったと言うところでしょうか。
画像

画像

取って返して、7:00頃に朝食、もう我々の後に残された食事は4人分だけでした。

7:45小屋発→8:10最終水場→烏帽子沢→10:40登山口

                     2005年8月18日 富山橋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山行記録>常念岳050815-16 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる