自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 180624白山 3

<<   作成日時 : 2018/07/06 06:41   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2018年6月24日 白山

0840、甚ノ助小屋出発、室堂まで2.3Km標識
甚ノ助小屋の石垣に設置して有るので、だいぶ計算が違いますが、この表示の方が実際の距離に近い様です。
0830Hk146

0902、南竜ヶ馬場分岐
甚ノ助小屋からここまで残雪無しの登山道でした。
この先少し登ると残雪が見えて来るはずで、その残雪量によってはアイゼンも必要になるかも知れません。
0902Hk151
室堂まで2.0Km標識
0902Hk150
振り向いて
0902Hk152

0909、別当谷上部の残雪
ここからは一番危険個所の別当谷源頭部は見えませんが、残雪量は少な目に見えます。
0909Hk153
残雪が少な目だけに花の咲くのは早い様で、次々に花が見え始めました。

0913、コイワカガミ群生
0913Hk154
0913Hk155
キバナノコマノツメ
0914Hk156
0914Hk157

0926、室堂まで1.4Km
実際には室堂まで1Km程度でしょうが、ここからが斜面に残雪が有ると危険な所が有ります。
0926Hk158

0928、登山道
前方の大きな残雪分は歩かないはずです。
0928Hk159

0928、ヤマガラシ
0928Hk160
コケモモ
0929Hk161
ミヤマダイコンソウ
0929Hk162
0929Hk163

0930、別当出合源頭部
ここが一番危険個所ですが、残雪は少なく短くなっており、足場を削って有るので危険を感じる事は有りません。
0930Hk164
源頭部の橋を過ぎると十二曲がりの急登二なりますが、残雪が無いので花を撮りながら登れば、すぐに黒ポコ岩・弥陀ヶ原です。

0932、リュウキンカ群生
0932Hk165
マイズルソウ
0933Hk167

0934、コイワカガミ
0934Hk168

0936、リュウキンカ
0936Hk169
0939Hk172

0938、ミヤマダイモンジソウ
0938Hk171

0940、登山道
登山道は石階段になっており歩き易い登山道です。
0940Hk173
延命水
一杯飲んで10年寿命を延ばし十二曲がりを登り切りました。
0940Hk174

0949、弥陀ヶ原
全面残雪に覆われているかと思っていましたが、残雪はやはりそれほど多くはなく、だいぶ木道が見えていました。
0949Hk175
もう少し頑張れば室堂ですが、このまま五葉坂を登るのは少し辛いと思い、ここでもしばし休憩し五葉坂に向う事にしました。

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
180624白山 3 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる