自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 180601大辻山「概要」

<<   作成日時 : 2018/06/06 06:46   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年6月11日 大辻山

例年なら残雪期に何度か向う山ですが、今年の残雪期には同行してくれる相棒に恵まれず、とうとう向かう事が出来ませんでした。
この度、一緒に行ってやろうと言う相棒が現れ、ようやく大辻山に向かう事が出来ました。

車2台で登山口へ、1台は下山口の旧中尾根口に置き、もう1台で北尾根登山口へ行きました。
画像

朝方まで雨が降りましたが、日中は晴れるとの予報でしたが、刈り払いがしっかりしない本道を登ると、雨露で濡れるので、刈り払いのしっかりした北尾根を登り、下山時は雨露も乾いている事を期待してのルート選択でした。

北尾根登山道は尾根歩きなので、登山道には残雪は全く無いのはあたり前ですが、沢筋や頂上付近には残雪が見えるかもと思ったのですが、残雪は何処にも見えませんでした。

登山道の刈り開きは思った通り広く、雨露に濡れる事無く歩く事が出来ましたが、雨後なので滑り易い所が有り、下りは勿論、登りでも注意を要する所が有りました。
画像

今回は本道を使いませんでしたが、本道を登って来た人は雨具上下を着て登って来ていました。

日中は晴れて来るとの予報でしたが、雨に会う事は無かったものの、残念ながら晴れて展望が開く事は無く、終始遠望は雲に隠れ、近くも時々ガスに隠れる状態でした。
画像

登山道脇の自然観察として花を見て登ったのですが、登るに従い季節は逆戻りして、アカモノから始まりミヤマナルコユリやツクバネソウが見られ、ユキツバキも未だ咲いている状態でしたが、その種類は余り多いくなく特に珍しいものも見られませんでした。
画像

画像

頂上は昨日からの雨で、ぬかるんでいるかと思ったのですが、さほどの事は無くザックなど汚す事無く休憩する事が出来ました。
画像

下山は北尾根「5」標識から旧中尾根に降りたのですが、林道が見え登山口が近づいた所で、かなりの藪に阻まれ、下り口を見付けるのに少々探しました。
画像


本編につづく

GPS軌跡
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
180601大辻山「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる