自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 180225大品山周回 2

<<   作成日時 : 2018/03/06 06:14   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2018年2月25日 極楽坂スキー場-大品山-粟巣野スキー場周回

1043、瀬戸蔵山から大品山 極楽坂スキー場トップから2.05Km
1043Oos127

1051、大品山への踏跡
消えかかった踏跡を見て一瞬、大丈夫なのかと思いましたが、風で雪が飛ばされて踏跡が埋まった様で、この先で再び踏跡がはっきりしていました。
1051Oos129

1058、縦走尾根の杉・最低鞍部 極楽坂スキー場トップから2.45Km 1270m
滑り降りるのは少し無理と言う感じの急下りが有り、そこを降り切ると瀬戸蔵山大と品山の最低鞍部で、杉大木の尾根になります、
1058Oos130
尾根を行く事が出来ないので、しばらく尾根を外れて斜面トラバースをします。

1105、ブナ林 極楽坂スキー場トップから2.6Km
登り返しに入ると再び若ブナ林になり、ここもブナ林を楽しみながらジグザグに登って行きます。
1105Oos131
1105Oos132

1110、支尾根を見る
支尾根も下に向ってブナ林が続いています、
1110Oos133
上の主尾根はブナ疎林になっており、展望の良い所が有るはずです。
1110Oos134

1113、大品山方向 極楽坂スキー場トップから2.75Km
この辺りが瀬戸蔵山と大品山の距離中間点辺りでしょう、時間的には未だ中間点とは言えません。
1113Oos136
毛勝連山展望
1113Oos135

1119、大品山・鍬崎山展望 極楽坂スキー場トップから2.8Km
ここが樹林が少ない展望ピークです、目標の大品山はもう近いのですが、この先に難所が待っています。
1119Oos137
大品山
1119Oos138

1125、最後の尾根鞍部 極楽坂スキー場トップから2.96Km
大品山はもうすぐそこと近いのですが、最後の鞍部から細尾根の登り返しがスキー登行の最難所です。
1125Oos139
難所
写真では何ともない所ですが、実際に近づいてみるとスキー踏跡が有ってもスキー登行の難しい所で、急な細尾根で危険箇所なのです。
先行者はスキーを外して登った様でスキー踏跡無し、同行者はカンジキなので簡単に通過しましたが、私はスキーを外して登るしかありませんでした。
1126Oos140

1141、難所通過完了 極楽坂スキー場トップから3.05Km
15分を要して難所を何とか通過でした。
1141Oos141
登って来た難所
1141Oos142

1145、大辻山展望
難所を登り切って一安心してスキーを履いてブナ林撮影までは未だ良かったのですが、歩き始めると大変でした。
1145Oos143
ブナ林
1145Oos144
シールに雪がどっさり付着してしまい、スキー登行出来なくなってしまいました。
スキーを外しここから大品山までカンジキ歩きするしかありませんでした・

1213、大品山頂上 極楽坂スキー場トップから3.46Km 1404.1m
難所通過後に随分時間を要してしまい、目標の12時前に大品山頂上到着は出来ませんでしたが、この程度の時間なら下山に問題は無いと思われます。
大品山は樹林になっており、展望は一部しか見えません。
1213Oos145
1215Oos146
1216Oos203
この後、大品山最高点の私の好きなブナ大木に立ち寄り、近くなった鍬崎山の展望写真などを撮り、粟巣野下山口辺りまで移動して昼食休憩です。

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
180225大品山周回 2 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる