自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 180224笠尻山-千石城山縦走 2

<<   作成日時 : 2018/03/03 06:06   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2018年2月18日 笠尻山-千石城山縦走

0853、千石城山への稜線尾根の下り 登山口から1.06Km
笠尻山登山道から稜線尾根に分岐すると急な下り尾根に入ります。
0853sj108

0903、最低鞍部の杉林 登山口から1.28Km
笠尻山から降りた所が最低鞍部で、千石城山までは何度か鞍部を通過します。
0903sj109

0909、最低鞍部から登り返し 登山口から1.4Km
笠尻山から千石城山までのルートは杉林が少なく、鞍部杉林はを越えるとすぐに広葉樹林になり、後は頂上まで広葉樹林が続きます。
0909sj110

0917、 609mピーク横 登山口から1.5Km
踏跡はピークの頂上を通過していますが、巻いて通る事が出来るので、ピーク左を巻いて進む事にして、左肩の平坦部で休憩した後、ピークの先に出ました。
0917sj111

0927、 複雑地形部に入る 登山口から1.7Km
609mピークから降りると、辺りは広く複雑に凸凹した地形になります。
今はマークや踏跡が有るので行先は迷いませんが、踏跡もマークも無い時はルートが判り難くなる所です。
0927sj112
種集落展望
0929sj113

0944、660mピーク下 登山口から1.94Km
踏跡は660mピークに向っていましたが、楽だからと踏跡ばかり辿っているのも面白くないと、ラッセルしてピークを巻いてみました。
0944sj114

0952、660mと703m峰との鞍部 登山口から2.03Km
鞍部より少し左寄りにずれて前方を見ると、目標の千石城山が見えて来ました。
もう近いと言えば近いし、遠く感じると言えば遠く感じます。
0952sj115

0958、703m峰の左下巻道 登山口から2.1Km
703m峰は展望の良い独標ですが、この先は展望の良い尾根が続くので、ここを登ってから千石城山に向う人は少ない様で、先行の踏跡もさすがに巻いて通っていました。
0958sj116
複雑地形最後
1001sj117
複雑な地形はここで終わり、後は単純な尾根を千石城山に向うだけです。

1008、単純な尾根始り 登山口から2.36Km
前方に見える尾根に登ると、その後は単純な尾根続きになります。
1008sj118
1008sj119

1013、頂上展望 登山口から2.42Km
目標の千石城山もだいぶ近くなり、頂上まで残り距離600m程度でしょう。
1013sj120
早月川から剱岳方向
1013sj121

1029、頂上展望 登山口から2.8Km
今日は視界が良くないのでこの程度の展望ですが、視界の良い時は素晴らしい展望を楽しみながら歩く事が出来る場所です。
1028sj123
早月川と対岸の山
1028sj124
1028sj125

1038、最終鞍部の上 登山口から3.04Km
頂上下に最後の鞍部が有り、そこからは急な尾根に樹林が有って、尾根通しに登る事が出来ず、急斜面をトラバースして登り、もう一度尾根に出ます。
そこは広く緩やかな尾根になっており、頂上はすぐそこに見えています。
1038sj126

1041、頂上台地直前
頂上は城跡なので、頂上台地直前に広場と急登が有り、ほんの少しの急登を登れば頂上です。
1041sj127
城跡らしく斜面は勿論、尾根も急尾根になっています。
早月川側斜面
1041sj128
スキー場への下山尾根
下山ルートはこの尾根を予定しています。
1041sj129

1045、千石城山頂上 登山口から3.12Km
8時10分過ぎから歩き始め、所要時間2時間30分ほど、予定の3時間より少し早くはなりましたが、踏跡が有った割には時間がかかりました。
1045sj130

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
180224笠尻山-千石城山縦走 2 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる