自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 170526白木峰「概要」

<<   作成日時 : 2017/06/29 07:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年5月26日 白木峰自然観察

今年は雪解けが遅く、白木峰の頂上台地湿原の植物生育は少し遅れているだろうと思ったのですが、並の雪解けだった2015年は6月25日に行っていたので、今年のニッコウキスゲの作柄伺いも兼ね、自然観察に出かけてみました。

林道は一部工事をしている所が有るものの、問題無く通行する事が出来ました。
画像

平日だったせいも有りますが、未だニッコウキスゲの開花情報が無いためか、2015年の同時期より訪れる人は少なかった様で、駐車場では5―6台の車を見ただけ、出会った登山者は20人程度でした。
画像

ニッコウキスゲは所々で咲いていますが、まだその数は少なく作柄を伺う事は出来ないと思いますが、未だこれから出るのかも知れませんが、蕾の数は随分少なく感じました。
画像

ニッコウキスゲが少なくてもササユリは結構多く見られるのですが、これも蕾はあまり多く見られず、どうしたのかな?と言う感じでした。

オオバギボウシの多い山域ですが、これは例年通り多く見られましたが、未だほとんどが花茎が伸び始めたところで、蕾になっていません。
オオバギボウシが咲き始める頃、ニッコウキスゲも最盛期になるはずなので、まだ10日以上待たないと、今年のニッコウキスゲの作柄は判らないかも知れません。
画像

その他に見られると思っていながら見られなかったのは、トキソウとサワランで、これは蕾も確認出来ませんでした。
まさか全く咲かないと言う事は無いと思うので、もうしばらく日にちを置いてから見てみるしかないでしょう。
コバイケイソウも蕾を見たのは1本だけ、これは不作確実の様です。

多くの花を咲かせていたのはウラジロヨウラクで、色の濃い個体ややや薄い個体、これから咲こうとしている蕾など、おちこちに多く見る事が出来ました。
イワイチョウも背の低い物があちこちで咲いており、こんな早い時期に沢山咲いてるなあと思いました。
画像

画像

チングルマも2―3見られましたが、元々少ししかない所なので、観察のおまけ程度でした。

駐車場から頂上台地までの林道は車両通行止めですが、全部歩いてみたところ、頂上湿原に無いいろんな種類の花が見られる事が判りました。
画像


本編につづく
GPS軌跡
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
170526白木峰「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる