自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 170529尖山「概要」

<<   作成日時 : 2017/05/29 17:41   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年5月29日 尖山

今朝の新聞を見ていたら、尖山で死亡事故が有った事が載っていました。
そんな事が有ったのなら今日は尖山行きは止めた方が良いかな?と、ちらりと頭をよぎったものの、そんな理由で行かないより、むしろり行った方が良かろうと思い行って来ました。

登山口と言うか歩き始めは横江駅駐車場、今日は登山者が少ないのか先行の車は1台だけでした。
いつもなら、登山するのか散歩するのか判らないラフな装備で登るのですが、今日は靴から帽子・ザック、カメラその他、私の標準装備を整えての出発でした。
画像

横江集落を抜け近道直登ルートを登り、例によって自然観察をしながら登りました。
先回この近道直登ルートを登ったのはいつだったか、花は無し草もそれほど茂る訳でもなく、難なく尖山林道分岐に出る事が出来ました。
画像

林道に出てしまえば後は、いつも通ってる道なので、自然の移ろいはそこそこ判っており、植物や景色を観察しながら本道登山口に向いました。

登山口までの林道歩きで道脇の花を少し観察、少し変化が有ったのはタンナサワフタギで、2日前は蕾だったものが咲き始めています。
画像

未だ咲き残っていたタチツボスミレはほぼ見えなくなり、ツボスミレも花が少なくなっています。

登山口駐車場には思ったより多くの車が止まっており、そこそこ賑やかそうで何となく安心しました。
画像

沢沿いに行く登山道脇の花は次第に少なくなっており、多かったシャガ・タニウツギ・ツボスミレは終りそうになっています。
白く大きな花を目立たせていたヤブデマリも登山口近くでは少なくなった様です。

変って数少ないながらナルコユリが咲き始めています。
先日から黄色の5弁で径10―15mm、三つ葉の走出枝の花が多く見えていますが、ヘビイチゴの仲間かな?と思いながら未だ同定出来ずです。
画像

流れ落ちる水が少なくなった滝が見えます。
近づいてみると、下に向って草をなぎ倒した踏跡が2―3筋見えていました。
どうやらここが昨日事故が有った場所の様でした。
丁寧に合掌しておきました。
画像

それから上では新しい花は見えず、沢沿いの登山道が終わる頃ヤブデマリの白い花が見えており、もう2―3日は綺麗な白を見る事が出来そうです。
画像

千垣山鞍部から少し登った所で尾根直登の道に入り、その先は頂上まで直登でした。
そこでは未だヤマツツジが盛んに咲いており、写真を撮り汗を拭き拭き、本道より時間がかかって登り切りました。
画像

頂上には女性3人が先着していて、賑やかに話をしていましたした。
中に私が最近になって身元を知った、中尾の孫ちゃんが居て、話の中に入ってしまいました。
画像

しばらく休憩・話をして3女性と一緒に下山、事故の有った場所でもう一度合掌し、駐車場で3女性と別れ横江駅駐車場に戻りました。

本編につづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
170529尖山「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる