自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 笈ヶ岳 7

<<   作成日時 : 2017/05/19 06:52   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2017年5月2-4日 笈ヶ岳

12:00過ぎにテン場を出発出来れば良いのだがと思っていたものの、昼食休憩してから撤収していると時間はどんどん過ぎてしまいました。

1309、出発前に振り返って笈ヶ岳
この先も笈ヶ岳は展望出来るのですが、ここでもう一度撮影してから出発です。
3309oiz253
出発
最後に稜線への登り返しになりますが、冬瓜平の端までブナ林を楽しみながら降ります。
3309oiz254

1318、冬瓜平下端
この斜面をトラバースしながら登って、冬瓜山稜線まで登り返します。
3318oiz255
ブナ林
3318oiz256

1331、冬瓜山稜線
登り返して稜線に出ました、この辺りは残雪がたっぷりです。
3331oiz257
白山展望
3331oiz258

1338、稜線斜面
3338oiz260
振り向いて冬瓜山
3338oiz259

1342、山毛欅尾山似の山 テン場から1.0Km
山の形が似てますが、これは冬瓜山稜線上の山では無く、雄谷対岸の1339.8峰で標高も同じ位です。
3342oiz261

1347、稜線のブナ林 テン場から1.2Km
稜線を歩いてもブナ林は途切れる事無く続き、所々で大木が林立する立派なブナ林が見られます。
3347oiz262
3347oiz263

1350、稜線 テン場から1.3Km
ここまで穏やかな下りと少しのアップダウンで来ましたが、この先には急傾斜の尾根や残雪の少ない細尾根出て来そうです。
3350oiz264

1402、稜線の残雪 テン場から1.5Km
右の斜面には残雪が連続していますが、歩く尾根には残雪の無い所が見え始めました。
3402oiz265

1410、1312P辺りのブナ林 テン場から1.6Km
この辺りにも良いブナ林が見られました。
3410oiz266
3410oiz267

1417、1312mピーク
3417oiz268
このlピークを越えて下りに入ると急に残雪が無くなり、藪だったり滑りそうな泥道だったえい、細い岩尾根を行く様になり、撮影は休止して慎重に進みました。

1435、細尾根に奇岩 テン場から2.1Km
中でもこの辺りは危険個所で、全く木の無い尾根だったら重いザックを担いでの通過は大変だったろうと思いました。
3435oiz269

1504.尾根分岐点 テン場から2.4Km
稜線尾根はどの方向か迷うほど、しっかりした間違い尾根と、藪に覆われた尾根に分岐しており、ここは左の藪尾根に進みます。
3504oiz270

1525、2泊目テン泊場
時間と体力に余裕が有れば、もう少し山毛欅尾山に近づきたいと思っていたのですが、ここで限界と言うか無理に進まず、この展望の良いピークがテン場適地と言う事にして、今日はここまでとしました。
3525oiz271
大笠山・笈ヶ岳
展望撮影は明日する事にして、まずはテントを設営して夕食準備、引き続きささやかな宴会です。
3525oiz273

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
笈ヶ岳 7 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる