自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 笈ヶ岳 1

<<   作成日時 : 2017/05/12 06:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2017年5月2-4日 笈ヶ岳

笈ヶ岳頂上は石川県と岐阜県と富山県の境界に有り、頂上は100mほど富山県境から離れています。
このため、富山県の山にはならないと言う人も居るかも知れませんが、そんな事を言うと頂上が県境からずれた山はあちこちにい有り、富山・長野県境の百名山「五龍岳」頂上は、長野県境から100mほど富山県に入っているが、長野・富山の県境の山ではないと言う人は居ないと思います。

と言う事で笈ヶ岳、検索するといろいろ出て来ますが、一般登山道の無い山で、残雪期の今頃登れば最適期と言う山で、登山口は中宮ビジターセンターと、一里野の中宮発電所からが普通で、白山SP林道(ホワイトロード)三方岩からも登られる事が有ります。

0708、中宮ビジターセンター 610m
最近は笈ヶ岳は有名になり、中宮ビジターセンター駐車場が満車になり、展示館を訪れる人が駐車出来なくなる様で、駐車は中宮ビジターセンター以外の所にしなければなりません。

0708、中宮ビジターセンター駐車場出発
以前は登山口の案内が有りましたが、今は何もないので周遊道の案内板を見て、周遊道に入ります。
0708oiz101
駐車場
0708oiz102
辺りはカタクリ群生地です。
0725oiz105

0727、トンネル 660m
トンネルを抜け通行止めの表示が有りますがそれも通過して、荒れ始めた周遊道を進みます。
0727oiz107
0736oiz110

0731、残雪
今年は雪解けが遅い様です。
0731oiz109

0748、休憩建物 670m
古い休憩建物まで行き横の沢を渡って急な尾根に取り付きます。
0748oiz111

0749oiz112

0754、尾根取り付きの斜面
写真では判りませんが急傾斜で滑り易く、尾根に取り付くのも一苦労です。
0754oiz113
振り向いて対岸の山
0754olz114

0802、急登 710m
0802oiz115

0815、急登少し緩む 780m
急登が緩んだと言ってもほんの一時です。
0815oiz116
下を見るとやはりかなりの急登です。
0816oiz117

0820、イワウチワ
花を愛でて岩気をもらうと言う話は有りますが、ここではそれどころでは無いと言う感じです。
0820oiz119

0823、大岩を巻く 810m
樹木が有るので、さほど危険は感じませんが危険個所です。
0823oiz120

0827、大岩の上 820m
普通の登山道なロープか鎖の有りそうな所ですが、岩の凸凹だけが手がかりで越えます。
0827oiz121
振り返って対岸の山
前方は急坂しか見えませんが、振り向くと残雪の有る高い山が見えて来ました。
0828oiz122

0833、岩尾根 840m
手掛かりが多いので危険は感じませんが、かなりの細尾根です。
0833oiz123

0844、ブナ林 890m
急登の中にもブナ林が有れば撮っておくのが私の癖でしょう。
0844oiz124

0858、急登 960m
相変わらずの急登が続きます。
0858oiz125

0904、休憩の岩
少し記憶が薄れていますが、確かこの岩の横で休憩したはずです。
0904oiz126
これから登る方向の急登
0904oiz127

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
笈ヶ岳 1 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる